学会発表(海外)

【タヒボエキスを使用した骨肉腫症例が発表されました】MASAVA 2023 マレーシア

巨大オオトカゲによる咬傷が引き起こした感染が骨肉腫に関連している可能性がある、

という非常に興味深いマレーシアの報告です。

2023年7月に行われたMSAVAにて発表されました。

本症例のUPM大学動物病院における治療で、術後の腫瘍再発防止を目的としてタヒボエキスが処方されました。

【発表抄録はこちら】

「タヒボ+G 」マレーシアのガヤー先生の学生発表:MSAVA2023:ロットワイラーの骨溶解病変部位におけるPseudomonas putidaの分離同定

関連記事

  1. MSVA congress 2023にて 2023/7/8~20…
  2. 2015年11月19日~22日 第6回アジア小動物獣医師大会FA…
  3. 2015年6月6日 第33回 アメリカ獣医内科学会(ACVIM)…
  4. 国際獣医内科学会NVC-2016 National Veteri…
  5. 2019年6月24~26日 タイ獣医学会VPAT. Region…
  6. 2024年3月21日~24日世界獣医ガン学会
  7. 2019年10月24日~25日 第6回 AMAMSアジア獣医学専…
  8. 2018年9月25日~28日 第43回世界小動物獣医師大会 WS…

アーカイブ

おすすめ記事

  1. 2024年3月21日~24日世界獣医ガン学会
  2. 【タヒボエキスを使用した骨肉腫症例が発表されました】MASAVA 2023 マレーシア
  3. 第44回 動物臨床医学年次大会
PAGE TOP