学会出展

2024年3月21日~24日世界獣医ガン学会

世界獣医がん学会2024

World  Veterinary Cancer Congress Tokyo 2024に出展しました。

 

2024年3月21日~2024年3月24日の4日間、

世界獣医がん学会2024が東京のホテルニューオータニにて行われました。

出展企業は日本企業が多く、参加されていた獣医師は海外の先生の方が多い印象を受けました。

 

放射線・外科手術・化学療法・病理研究・代替医療等、

かなり幅広い分野の内容が4日間に渡って講演されており、興味深いトピックが多かったです。

 

現在の日本は、腫瘍科の認定医取得を目指す獣医師が多くいると聞いています。

 

日本の二次診療施設ではサプリメントの使用が少ないというお話も伺いましたが、

医薬品・サプリメント というような垣根を越えて

先生方が最善の手段を選択できるよう、より多くの情報をご提供していきたいと感じました。

現場にはポスター発表も多数ありましたので、

とても興味深いと感じたアメリカの研究を1つ日本語に訳しました。

抗菌薬がリンパ腫の治療補助に役立つかもしれない、という内容です。

ドキシサイクリンリンパ腫原文+日本語PDF

ドキシサイクリンリンパ腫日本語訳PDF

様々な事情で化学療法ができない症例に対して、選択肢が増えるのは重要なことだと思います。

関連記事

  1. 2017年10月18日~20日 第5回ロシア国立獣医内科学会NV…
  2. 2013年 第4次国際学術研討会議
  3. 2016年7月25日~27日 第9回タイ獣医師大会VRVC201…
  4. 2013年 関東・東京合同地区獣医師大会
  5. 2012年 第33回動物臨床医学会年次大会
  6. 「犬の僧帽弁閉鎖不全症におけるPycnogenol併用療法の治験…
  7. 「ネコ皮膚糸状菌症におけるリポ多糖(LPS)と抗真菌剤の併用療法…
  8. 2017年11月17日~19日 第38回 動物臨床医学会年次大会…

アーカイブ

おすすめ記事

  1. 2024年3月21日~24日世界獣医ガン学会
  2. 【タヒボエキスを使用した骨肉腫症例が発表されました】MASAVA 2023 マレーシア
  3. 第44回 動物臨床医学年次大会
PAGE TOP