学会発表(海外)

2012年 第1回 PET VET Asia Expo2012(タイ バンコク)に出展いたしました。

10月10日~12日の3日間にわたりタイで開催された
PET VET Asia Expo2012に参加しました。

ペットベット国際学会は主にアジアの獣医師の技術、知識レベル向上を 目指して行われました。

第1回の国際会議で、タイランドのバンコックで開かれました。
公式HPはコチラ!→

当方は日本より参加しました。

行きは、韓国(インチョン空港)経由で乗り継ぎ
成田空港を午後1時に出て、バンコックには夜の10時に着き
ホテルで落ち着いたのは、夜中の12時になりました。

日本からの参加企業は明治製菓さんが、台湾支社から出展しているだけで
サプリメント企業としては、小社だけでした。

ブースにいらっしゃる獣医師からの評価は上々で、
昨年10月に参加した、韓国済州島でのWASABA国際学会の影響もあり、
言葉はすんなり往かないまでも、打ち解ける雰囲気にもなりました。

世界的にも、犬のがん治療における代替医療の必要性、
僧房弁閉鎖不全症のQOL向上には関心が高く
イペット、パンフェノンの要望は非常に高く感じました。

バンコックは経済的な発展も目覚しく
町は活気があふれ、GDPは今後も上がり続けると思います。

10年前にパンフェノンを1個売ることから始め
世界の専門家、ユーザーと交流出来るようになるとは
思いもしませんでした。

この学会は12日(金曜日)までで、この足で
帰りは韓国ソウル大学、国際伝統学会に出席してきます。

文:大川博

 

 

※画像をクリックすると拡大します。

関連記事

  1. 2022年9月10日 マレーシア獣医学会(マレーシア)
  2. 2018年4月18日 モスクワ国立スクリャービン獣医アカデミー(…
  3. 2015年6月6日 第33回 アメリカ獣医内科学会(ACVIM)…
  4. 国際獣医内科学会NVC-2016 National Veteri…
  5. 2024年3月21日~24日世界獣医ガン学会
  6. 2018年9月25日~28日 第43回世界小動物獣医師大会 WS…
  7. 「ネコ皮膚糸状菌症におけるリポ多糖(LPS)と抗真菌剤の併用療法…
  8. 2013年 第4次国際学術研討会議

アーカイブ

おすすめ記事

  1. 【タイ/バンコク The 16th Veterinary Vpat Congress Regional 2024 のご報告】
  2. 2024年3月21日~24日世界獣医ガン学会
  3. 【タヒボエキスを使用した骨肉腫症例が発表されました】MASAVA 2023 マレーシア
PAGE TOP