セミナー等

第15回VPAT獣医師会議(VRVC2023)にて 2023/7/11~14

タイランドの学会もコロナが開けて3年ぶりでしょうか。

来て見ました。すごい人です。すべてが獣医医療関係の方々です。

3ヶ月前には台湾の学会に行きましたが、それよりも活気があります。

いやそれよりも我が国、日本と比べると段違いです。

もはや日本は終わったイメージです。母国、日本はどうしたら良いのか?今後の全体像を考えます。

 

 

タイランドにいつ来ても思います。この国にはくったくのない笑顔があります。

私が研究開発をしたボトルを笑顔で若いスタッフが持ってくれています。

ずっとその笑顔が続くよう動物医療に優しく専門の先生方とエビデンスを蓄えつつ、

タイランドの笑顔を世界に届けたいと思っています。

皮肉になりますがこのくったくのない笑顔が日本にはない。

どうしたら良いのだろう? タイランドの最後の夜、一人でそんなことを考えています。

 

文、大川博

 

関連記事

  1. 「犬の僧帽弁閉鎖不全症におけるPycnogenol併用療法の治験…
  2. 2023年3月22日 日泰獣医合同会議 食品化学新聞記事
  3. 2023年3月22日 日泰獣医合同会議
  4. 2017年8月19日~20日 第27回マレーシア小動物獣医師大会…
  5. 「ネコ皮膚糸状菌症におけるリポ多糖(LPS)と抗真菌剤の併用療法…
  6. 2016年3月20日 台湾・中華獣医師連盟協会 皮膚疾患学術研究…
  7. 2018年4月5日~8日 第61回ブリティッシュ小動物獣医師大会…
  8. 2013年 第4次国際学術研討会議

アーカイブ

おすすめ記事

  1. 【タイ/バンコク The 16th Veterinary Vpat Congress Regional 2024 のご報告】
  2. 2024年3月21日~24日世界獣医ガン学会
  3. 【タヒボエキスを使用した骨肉腫症例が発表されました】MASAVA 2023 マレーシア
PAGE TOP