学会発表(日本)

2015年11月20日 第36回動物臨床医学会年次大会(日本・大阪)

第36回動物臨床医学会年次大会

開催日:2015年11月20日(金)、22日(土)、23日(日)
会 場:大阪国際会議場(グランキューブ大阪)
主催者:動物臨床医学会/公益財団法人 動物臨床医学研究所

学会最終日の11月23日(日)のランチョンセミナーにて、『パントエア菌LPS(リポポリサカライド)の発毛促進効果』について、香川大学医学部 稲川裕之先生の発表を行ってまいりました。
80席ある会場は満席で多くの獣医師・看護師にご参加いただきました。本題の前には動物医療研究会代表取締役の大川博より、挨拶と『ペットオーナーに喜ばれる方法』としてサプリメントの取り入れ方、続いて治験担当スタッフ三橋郁美による症例発表を行いました。

動物の発毛特許申請中の新製品『TrichoS(トリカS)』に配合されている3つの主要成分のひとつでありますLPSの知られざる働きとその可能性について、患者様(患畜)への新たな選択肢をひらくことができたのではないかと思っております。
現在、全国の獣医師より多くの反響を頂いており、先生方の力を借りながら症例の蓄積を行っています。脱毛、皮膚疾患で悩んでいるペットたちの力になれるよう今後も研究を続けてまいります!

『パントエア菌LPS(リポポリサカライド)の発毛促進効果』
国立香川大学 医学部・統合免疫システム学講座 稲川裕之 教授  ≫論文抄録詳細(PDF)

『ペットオーナーに喜ばれる方法~サプリメントを選択肢に入れる~』
株式会社動物医療研究会 代表取締役 大川 博等  ≫発表PPT

『犬の痴呆症に対する麹菌・ミミズ蛋白混合剤の効果』
アニマルウェルネスセンター 佐藤 隆 獣医師  ≫論文抄録詳細(PDF)

『パンフェノンシャンプー・プロテハート(抗酸化作用)における皮膚に対する効果・その2』
美しが丘動物病院院長 柏木 龍 獣医師  ≫論文抄録詳細(PDF)

『水素水と水素含有物の臨床学的応用』
D&C獣医科クリニック院長 加藤 明久 獣医師  ≫論文抄録詳細(PDF)

 

 

 

 

関連記事

  1. 2013年 第34回動物臨床医学年次大会
  2. 2015年 社団法人台南市獣医師会・2015年学術研究会
  3. 2010年 第31回動物臨床医学会年次大会
  4. 2016年2月21日 第3回ペピイアカデミックフェスタ(日本・大…
  5. 2020年2月16日 第10回 兵庫県開業獣医師会臨床研究会
  6. 2006年 第27回大阪動物臨床学会年次大会
  7. 2009年 日本獣医内科学アカデミー&日本獣医臨床病…
  8. 「犬の僧帽弁閉鎖不全症におけるPycnogenol併用療法の治験…

アーカイブ

おすすめ記事

  1. 2024年3月21日~24日世界獣医ガン学会
  2. 【タヒボエキスを使用した骨肉腫症例が発表されました】MASAVA 2023 マレーシア
  3. 第44回 動物臨床医学年次大会
PAGE TOP