海外セミナー

2018年12月11日 台湾文化大学大夏館会議場にて、心エコーセミナーを開催しました。

台湾文化大学大夏館会議場
心エコーセミナー開催

開催日:2018年12月11日
会 場: 台湾文化大学大夏館会議場

2018年12月11日に台湾文化大学大夏館会議場にて、心エコーセミナーを開催しました。

今回は「犬の僧帽弁閉鎖不全症のステージ評価および抗酸化剤ピクノジェノール®含有製品パンフェノンS投与による効果」の講義を行いました。講師は日本大学生物資源科学部獣医生理学研究室 鯉江 洋教授です。心エコー図の撮り方から症状判断まで、詳しく紹介頂きました。臨床データも集まっており、治療方法についても多様に説明頂きました。2016~2017年に実施したパンフェノンS投与試験では16症例中70%の改善が見られました。今後は予防と治療補助の観点から提案できると思います。
出席いただいた獣医師からの質問もあり、ディスカッションで会場は盛り上がりました。また、鯉江先生の治験結果から、パンフェノンSは末梢血管の拡張を行い、肺水腫の改善、徐脈性失神の改善も出来るという新たな知見を得ることが出来ました。これからもたくさんの台湾獣医師に治療補助として使っていただけると思います。

 

関連記事

  1. 第15回VPAT獣医師会議(VRVC2023)にて 2023/7…
  2. 「ネコ皮膚糸状菌症におけるリポ多糖(LPS)と抗真菌剤の併用療法…

アーカイブ

おすすめ記事

  1. 【タヒボエキスを使用した骨肉腫症例が発表されました】MASAVA 2023 マレーシア
  2. 第44回 動物臨床医学年次大会
  3. 「ネコ皮膚糸状菌症におけるリポ多糖(LPS)と抗真菌剤の併用療法についての予備試験」/欧州獣医皮膚科会議
PAGE TOP