トップ > 社団法人台南市獣医師会 2015年学術研究会

社団法人台南市獣医師会 2015年学術研究会
  •  開催日:2015年3月22日(日)
     場所:台湾・台南大学
     主催者・事務局名: 社団法人台南市獣医師会
     共催: 社団法人中華獣医師連盟協会、台湾生展生物科技株式会社

2015年3月22日、台湾・台南にある国立台南大学でパンフェノンの研究発表が行われました。
今回のテーマは『心臓と皮膚疾患』。日本における獣医統合医療の取り組みと臨床現場の現状について加藤明久先生(D&C獣医科クリニック院長)が発表、続いてパンフェノンの症例報告をスケアクロウ主任研究員・三橋郁美が行いました。
およそ200分間の講演中、真剣に耳を傾けている獣医師の熱い眼差しがとても印象的で、質疑応答では活発な意見が飛び交いました。学会後の懇親会でも研究や診療の話で大いに盛り上がり、台湾との交流が更に深まったように感じられました。


加藤明久先生の発表

三橋郁美主任研究員の発表

台湾の獣医師たち、学会事務局のスタッフさんとの記念写真
    • 『日本の代替医療における小動物の心臓疾患及び皮膚疾患に対する治療法と症例報告』

有限会社ペット医学機構代表取締役加藤明久獣医師
  >>発表PPT(日本語)
  >>発表PPT(中国語)

    • 『代替医療(自然療法)を使用した心臓疾患及び皮膚疾患の症例報告』

株式会社スケアクロウ主任研究員三橋郁美
  >>発表PPT(中国語)

    • 『日本の代替医療から考える心臓疾患及び皮膚疾患に適したサプリメントの研究開発』

株式会社トレードピア営業・企画開発担当部長松下昌史
  >>発表PPT(日本語)

  >>発表PPT(中国語)