動物医学年次大会・19症例の詳細

18学会写真3.JPG
フランス海岸松ポリフェノールの単独投与データです。
「難治性疾患」ことばの通り、従来通りの治療で効果の
見られなかった犬をフランス海岸松ポリフェノールだけで効果をみています。
従来通りの治療とは
心臓病であればACE阻害剤や
アトピー・アレルギーであればステロイドに頼りきった治療です。
フランス海岸松ポリフェノールは局所治療ではなく根本治療をめざしています。
学会発表データはこちら
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
※数値は歳令
◎は著効(よく効いた)
○少し効いた
△変化なし
~~~~~~~~~~~~~~~~
以下は19症例です。
雑種       2 雄 △ 尿石症膀胱炎が治らない
T・プードル 14 雌 ○ 咳がなくなった
マルチーズ 9 雌 ○ 減っていた体重が増えた
ポメラニアン 9 雌 ○ 異常な飲水量が減った
シーズー       13     雌 ◎ 咳がなくなった
T・プードル 16 雌 ◎    死にそうな状態が元気に蘇る
パグ        1 雄 △  アトピー血が出る腫れる変化なし
柴       15 雌 ○  アトピー痒み剥げがなくなった
柴       17 雄 △ 痴呆・後に死亡
Gレトリバー 11 雌 ◎  痛みがなく歩ける状態が続いた
ラブラドール 10 雌 ○ アトピー痒みがなくなった
シーズー       4 雌 △ アトピー痒みそのまま
Aスパニエル 8 雌       ○ 外耳炎ただれが改善
M・ダックス 1 雌 △ アトピー・痒みそのまま
キャバリア 9 雄 ◎  僧帽弁閉鎖不全症・咳がない
M・ダックス 2 雄 ○ 胃炎元気になった
ボストンテリア  2 雄 ◎前部ブドウ膜炎・目やにや涙が改善
チワワ       8 雄 ○膝関節炎・片足がつけなかったが痛みが完治
柴   12 雄 原因不明尾の脱毛 ◎
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
最後にどんな治療を受けさせるかは
飼い主さんの選択にかかります。
ことばのない動物のために「あなたは何を選択しますか?」