「フランス海岸松ポリフェノールはなぜ病気に効くのか!」

10月21日(金)夜の9時半より12時の深夜まで、高崎獣医師会館にて、その会
は行われました。
お集まり頂いたのは、群馬県から獣医師会の有志の先生がた約20名。
外は東京よりぐっと寒い中ではありましたが、会議室は熱気ムンムン!!
なぜ? なぜだ??
という先生のご質問に「フランス海岸松ポリフェノール」の全ぼうが少しずつわかり掛けてきました。
学問的なお話になりますが、フランス海岸松ポリフェノールは血小板の凝集能抑制効果があり、いろい
ろな病気のコのQOL(生活の質)の改善に役立つことは証明されております。
臨床データ数百例・・・・・
まだまだ、データ的には解析されておりませんが、今後の将来を占うものとして、先
生がたから評価を頂きました。
来月の11月19日(土)からは1年で一番大きな学会、大阪動物臨床医学会総会が
あり、「フランス海岸松ポリフェノール」はその演題発表にエントリーされています。
頑張ろう!! 
今後の動物臨床医学の発展のために!
gunnmabennkyoukai.gif

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA